中川特殊鋼株式会社
サイトマップ
先輩内定者紹介
採用情報TOP
会社紹介
募集要項
エントリー・説明会情報
先輩・内定者紹介
特殊鋼 WORK+人
海外 WORK+人
内定者紹介
FAQ
特殊鋼とは
プライバシーポリシー
会社概要はこちらから
採用情報TOP > 先輩・内定者紹介 > 特殊鋼 WORK+人

私は現在、お客様として自動車部品メーカーとトラックメーカーを担当しています。扱い商品は特殊鋼丸棒や鍛造品(※)で、これらは自動車のステアリング装置やエンジン内のクランクシャフトに用いられます。 (※鍛造・・・叩いて製品に仕上げる製造法のこと)
特殊鋼丸棒は鉄鋼メーカーより仕入れ、また鍛造品は特殊鋼丸棒を鍛造メーカーで加工してもらい、お客様へ販売しています。この仕入れ〜販売のプロセスでQCD(品質・価格・納期)を最適化するのが私の任務です。私が扱う商品は自動車部品のなかでも“重要保安部品”と呼ばれ、最高レベルの品質を求められているため、品質はもちろんのこと、それらを最適なタイミングで出来るだけ低コストでお客様に提供するのが私の使命です。

当社は商社ですのでモノづくりはしていませんが、鉄鋼メーカーとお客様との間をとり持ち、お客様のそれぞれのニーズにあった提案ができるところに魅力を感じています。
特殊鋼は鉄鋼製品のなかでも高強度や耐久性に優れており、Ni、Cr、Mnといった合金の配合や熱処理によって性質が大きく変わるため、特殊鋼を扱うためには金属全般に関する専門知識や特殊鋼販売士という専門資格が必要になります。また、鍛造品を扱うためには、加工方法や製品の用途に関する知識、そして加工後の品質保証についても一次納入業者として対応しなければなりません。 このように、ただモノを取り次ぐだけでなく、扱い商品に関する深い知識が必要で、沢山の勉強が必要ですが、自分がこの業界のスペシャリストになることに魅力を感じています。

私たちはできるだけ多くの情報や知識を習得・活用してお客様のニーズにあう提案をしていかなければなりません。
・向学心旺盛な人(分からない事はすぐに聞いたり自分で調べで知識として身に付けられる人)、
・自分で考えて行動する人(独断での行動ではなく、関係者とのほうれんそうがちゃんと行なえる人)
が望ましいです。
入社して直ぐには無理かも知れませんが、その中でも貪欲にやる気を持って様々な仕事に対応していくこと、臆することなく周りの先輩や取引先と話ができるようになることが重要と思います。

Q1.特殊鋼業界で女性が営業することについて、苦労したことはありましたか?

苦労と言うわけではありませんが、お客様の目には営業をする女性が珍しく映ることもあるようで、初めの頃はお互いに多少戸惑うこともあったと思います。もともと、女性の営業が多くない業界ですから、考えようによってはあまり気負わずに自分のカラーを出せるのでは、と思います。そうは言っても、失敗したときはやっぱり気が滅入ります。私の場合、先輩に励ましてもらうこともしばしば。失敗や苦労は、営業の男女を問わず、誰もが経験しているのではないでしょうか。

Q2.今の仕事の面白みをおしえてください。

今は、営業のアシスタントとして日次・月次の事務処理のほか、鋼材の加工手配・納入手配・納期調整などのデリバリーを主に担当しています。デリバリーの各段階で何か調整が必要になった時、お客様が私を信用して任せて頂けるようになったのがうれしいし、頑張りがいがあります。また材料はどんどん流れていくわけですから、自分が出した指示には責任を持たなければいけませんし、何か問題が発生していないかどうか常に注意を払う必要があります。大変ですが、勉強になります。

Q3.なぜ中川特殊鋼に入社しようと決めたのですか?

知識や経験がなくても、いろいろなことに挑戦させてもらえるところに魅力を感じたから。それから、これは入社してから分かったことですが、自分に対する付加価値をとても大事にする会社です。よりよい自分を目指す「心構え」は社会人として生きていく上でこれからも忘れずにいたいと思います。